こじ記

めくるめく、こじろ~の魅惑の世界へようこそ(ぇ

1月31日のブログ(仮)

昨日は深夜に人手がいるってことで
俺が残るってことになったんだけど、
いつの間にか話が変わってて
他の人がやるから帰っていいって急に言われた


その時すでに23時半頃だったんで
時間的に微妙だったんだけど、
それから帰って夕飯食べたら
家に着いたのが1時過ぎになった(-ω-;)


こんなことならもっと早く帰らせて欲しかった



昨日・今日で
借りてた残りの3本を無事消化した(●´∀`●)


そんな感じでギリギリ消化したというのに
また今日レンタルしてきたよ、しかも7本もw


>『エクスペンダブルズ』『バイオハザード4』『ゾンビランド』
『ヘルドライバー』『CUBE』『直撃!地獄拳』『殺人拳2』

あ、ゾンビ映画3本も借りてもうたw



てか映画以前に
HDに録画してるドラマも消化せねば


容量も無くなってきたし。


今リアルタイムで見れてるの
『13歳のハローワーク』『孤独のグルメ』くらいで
他のは録画だけして全然見れてない(;´Д`A


2012_0102a0103_20120131223014.jpg
今日の夕飯に『祥龍房』で食べた家常豆腐

2012_0102a0104_20120131223059.jpg

これをご飯の上に乗せると
いくらでも食べれる(●´∀`●)


そういや、
俺が長年待ち望んでいた
『西部警察』のDVD-BOXがついに発売になるらしい


長年続いたシリーズだけに
さすがに全話収録ってのじゃなく
セレクション形式らしいけど、
これは是非とも欲しい


欲しいが・・・・
発売が来月中ごろ・・・だと・・・(-ω-;)


まさかそんなにすぐだとはw


今月は出費が多かったから
もうちょい後で買うことにしよう。



【映画】
『ハート・ロッカー』('08 米) 11/100

戦場で命を懸けて
爆弾処理に励む兵士を描いた作品。


公開当時、
同じ時期に作られた『アバター』に反して
低予算ながら色んな賞を受賞して話題になったな。


感想をひと言でいうとつまらなかった。


いかんせん地味で無駄に時間が長いわりには
盛り上がりにも欠けるし、
映画というよりもドキュメンタリーって感じ。


俺は映画=エンタテイメントっていう考えだから
どうにもこういう映画は
基本的に受け付けないのかもなw


俗に名作と言われる
『プラトーン』だとか
『シン・レッド・ライン』も
つまらなかったってイメージしかないしな。


最初は粛々と作業をこなしてた兵士が
感情にかられて
基地を抜け出していくシーンとか
あれいるのかな?って思った。


ガイ・ピアースが出てたことを
見た後で気づいたw


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★☆☆☆☆☆☆(★4.0)



『ブラック・スワン』('10 米) 12/100


この作品は主演のナタリー・ポートマンがすべて。


『白鳥の湖』のプリマに選ばれたニナ(ナタリー)が
そのプレッシャーと母親からの過度な期待、
ライバルたちの妬みから
どんどんと精神を病んでいく。


そんな役を演じるナタリーは
美しくそして儚げで
さすがといった演技力。


最後の舞台のシーンも良かった。


しかし、
女の世界は怖いねw


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★★☆☆☆☆(★6.0)


『阪急電車 片道15分の奇跡』('11 日) 13/100


aikoが主題歌唄ってるってことで気になった作品。


原作があるらしいんだけどもちろん未読。


色んな登場人物が阪急今津沿線というローカル線を通じて
微妙にリンクしてて何だかほのぼのする映画だった( *´ω`)

こないだまでやってた月9の
あの好青年(小柳友)の変貌っぷりに驚いたりw


勝地涼と谷村美月の初々しいカップルにほっこりしたり。


車内でやかましく喋るババア連中が
映画の中とはいえマジでムカついたw


ホントにあんなヤツらがいたら
迷惑極まりないw


実際の路線は8駅で片道15分らしいんだけど、
そうすると1駅間はわずか2分だよな。


それにしては
駅に着くまでがやけに長いw


俺はこの路線使ったことないけど
実際にこの電車に乗ってる人は
思い入れもあってより楽しめるかもな(●´∀`●)


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★★★☆☆☆(★7.0)



『告白』('10 日) 14/100


最初に主演の松たか子扮する教師が
終業式の日の教室で
自分の娘がこのクラスの生徒に殺されたと話し始める。


ここからその事件に関係する色んな人物の視点で
事件のあらましを追っていくんだけど、
最初から最後まで重い、とにかく重い。


そして登場人物の誰1人として救われない。


ハッピーエンドの映画が多い中
こういうバッドエンドな映画は
俺は個人的に嫌いではない。



命の大切さを謳ってるのかと思いきや、
結局は子供を殺された母親の復讐劇って要素が強いかも。


復讐に徹する松たか子はかなり恐ろしい、
そして岡田将生はただの貧乏くじw


それほど無駄なシーンもなく
最後までさっと見れる作品。


だがもう1度見たいとは思わないかもw


しかし、
最近の映画とかで
ああいうクラスのシーンよく見るけど
今時の学校ってあんななの?


そう考えると
ホント子供って怖い。

☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★★★☆☆☆(★7.5)


【こじろ~のつぶやき】
こりゃ100本楽勝じゃね?w
※残念ながら画像はありませんw
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad