こじ記

めくるめく、こじろ~の魅惑の世界へようこそ(ぇ

9月13日のブログ(仮)

今日の昼飯は
マクドでチキンチーズ月見を
テイクアウトしてきた。
2013_0914c0076.jpg


美味しかったけど、
やっぱ店で食べるのが一番だな。



その後はちょっと中野に出かけて来た。
2013_0914c0088.jpg
2013_0914c0089.jpg


2013_0914c0092.jpg
2013_0914c0093.jpg

いつかスマホにしたら
こういうケースにしたい(*´∇`*)


2013_0914c0091.jpg

これ欲しいと少し思ってしまったw


2013_0914c0094.jpg

そういえば、
モンハン4明日発売じゃないか。


とはいっても
3もやってないし、
3DSも持ってないしで
今のところ買うつもりはナシ。



2013_0914c0090.jpg

ゲームといえば、欲しいと思ってた
『ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』
クソゲー扱いで値段が暴落してるらしい。


詳しくはよくわからないけど、
コンボが永久に続いて対戦にならないとからしい。


プレイ画面見たときは面白そうだったのに(-ω-;)



今日の夕飯はスーパーで買ってきたサーモンづくし。
2013_0914c0097.jpg


ウマウマ(●´∀`●)


ちなみに昨日の夕飯は
コンビニで買ってきたパスタを食べた。
2013_0914c0021.jpg




『映画』
『ミクロの決死圏』('66 米) 86/100


作られた年代が年代だけに、
CGも無いし、
手作り感丸出しのセットなんだけど、
それが何故かすごく良い感じで
ストーリー的にもすごく面白かった(●´∀`●)


侵入者に白血球が襲ってくるとか
ちゃんと医学的にも基づいて作ってあるし
肺とか脳の描かれ方が秀逸だった。


フルCGよりもよっぽど良いw


肺から空気を集めるシーンとか、
内耳でのシーンでの緊張感はすごかったし、
時間もそれほど長くないんで
さっくり見れる良作。


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(★7.5)


『キャリー』('76 米) 87/100


たぶん昔に見た事あるとは思うんだけど
最後のワンシーンくらいしか記憶にはない。


そもそも序盤~中盤にかけては
なくてもいいくらいのシーンばかりで
ラスト30分が命。


何か勝手に
キャリーは火を操れるって思い込んでて
今回見てみて
そうじゃないことを知ったw


しかし、これって子供が見たらトラウマものじゃない?


ラストも救いようがない感じだし、
正直また見たいとは思わない。


キャリーが可哀想すぎる。


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(★5.0)


『ホーボー・ウィズ・ショットガン』('11 カナダ) 88/100


初老のおやじがショットガン片手に
悪いやつを撃ちまくるグラインドハウス系作品。


ストーリーなんてありませんw


暴力と略奪が横行する荒廃した街に
やってきたオヤジが
悪の親玉を倒すべく立ち上がるって感じの内容。


あとはリサイクルショップで手に入れた
ショットガンで片っ端から成敗するw


この手のグラインドハウス系は嫌いじゃない、
むしろ好きな系統なんだけど、
何かイマイチだった。


やっぱ主役がただのオヤジだったからかな?


同じオヤジでも『マチェーテ』の方がよっぽど面白い。


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(★5.0)


『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい 』('06 米) 89/100


これは正直期待はずれだった。


色んな名うての殺し屋が集まって
あの手この手でやりあうのかと思ってたんだけど
実際見てみたら全然違っててガッカリw


そもそも出てくる殺し屋たちは
腕利きのわりには
行動がアホすぎるし、
注意力散漫w


あと登場人物に個性があんまないうえに無駄に多いから
誰が誰だかわかりづらい。


主役級の活躍するのかと思ってた
ベン・アフレックはあっさり死ぬしw


この手の作品はハラハラドキドキが楽しみなんだけど
そういうのがほとんど無かったw


全体的に思ったよりも地味。


そしてあのラストw


スタイリッシュにしたいのか
コメディにしたいのか
シリアスにしたいのか
はっきりしないまま終了。


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(★5.0)


『狼男アメリカン』('81 米) 90/100


数十年ぶりに見た。


狼男への変身シーンは
めちゃくちゃ鮮明に覚てて
他のシーンは全く覚えてなかったw


死んだ友達が
何回も現れるんだけど
そのたびに体がどんどん腐敗していくところとか、
自分が殺した人間が集まって
自殺を勧めてくるシーンとか、
ところどころにブラックユーモアもあって笑えたw


そうかと思えば
リアルな変身シーンとか、
ラストのクラッシュシーンは
なかなか見応えあり。


終わり方は唐突にあっさりめw



☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★★★☆☆☆(★7.0)


『バタリアン』('85 米) 91/100


ゾンビ映画なんだけど
怖いとかじゃなくて
コメディとして楽しめる作品。


タールマンとかオバンバとか
ソンビにも個性があって、
喋ったりするのも新鮮でいいw


ゾンビになってんのに
恋人に優しい言葉かけて揺さぶろうとして
策略練たりw


あと音楽が良かった。


ラストは
今時じゃ珍しくないけど
多分こういう終わり方にしたのは
これが初めてなんじゃないかな?


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★★☆☆☆☆(★6.0)


『霊幻道士』('85 香) 92/100


いや~、懐かしいw


俺が小学生の頃に起こった
キョンシーブームの火付け役的作品。


タイトルが似てる『幽幻道士』と間違いやすいけど、
テンテン出てない方ねw


キャラクターも個性的でいい。


道士の頼りがいがあるカッコ良さと
弟子達のとぼけた感じが相対的でいい。


術かけるシーンとかカッコイイし、
墨を塗った紐とかお金の剣とか独特な武器もいい。


適度にホラー要素もあるし、
コメディあり、アクションありで
誰が見ても楽しめるであろう娯楽作。



そういや昔、
御札とか駄菓子屋で売ってた気がするなw


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(★8.0)


『幽幻道士』('85 台湾) 93/100


『霊幻道士』の大ヒットをうけて作られた
パクリ的な作品?


どっちかというと
子供の頃はこっちの方が好きで
連ドラ版も欠かさず見てた記憶がある。


登場人物も子供が多いんで、
こっちの方が子供向けかも。


ただのパクリってわけじゃなくて
ベビーキョンシーが出てきたり、
キョンシーに影を踏まれると動けなくなるとか、
霊魂になってキョンシーと戦ったりとか、
独自の設定もあって
全く別物として楽しめる作品ではある。



そして何よりテンテンが可愛い!w


これ重要w


このシリーズにおいて
テンテンの存在は欠かせない。


懐かしさもあいまって
楽しめる作品ではあるけど、
今見ると個人的には『霊幻道士』のが好きw


☆こじろ~の個人的評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(★6.0)



【こじろ~のつぶやき】
鈴木拓ってホント人としてどうなの?w
スポンサーサイト

FC2Ad